炭酸美腱整体院

022-738-9026
ご予約フォーム
炭酸美健整体院3ヶ月異常続くあなたの痛み辛さを根本から改善する専門店。お客様満足度NO1宣言。どこに行っても治らなかった・・あなたの悩みを私に託してみませんか!1回目で希望を感じるお客様続出!「先生ならなんとかしてくれる!」そんな口コミを頂いています。

HOME > 妊産婦について

妊産婦整体(マタニティ整体)なら

 

仙台 青葉区の炭酸美健整体へ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

妊産婦整体とは?

 

妊娠中から産後までを含む整体

 

の事です。

 

・妊婦さん(妊娠中)

・産婦さん(出産直後〜産後)

 

までの女性の事をさします。

最近ではどこでも産後の骨盤矯正などが流行っていますが、

とても良い事だと思います。

ですが、できれば

 

妊娠中から身体を整えておく事が大切

です。

もっといえば、

 

妊娠したい方は普段から身体を整えておくべき

だと思います。

 

当院の妊産婦整体は、症状がある人はもちろん、

 

これといった症状が無い方にも、

母子の健康にとって素晴らしい

メリットがあると思います。

 

妊婦さんの整体は

リスクがあるとしてお断りをしている治療院が多い

ですが、

当院の妊産婦整体は、

 

とても優しい整体方法

 

なので、

 

問題を起こすようなリスクは一切ありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 妊婦さんを苦しませる特徴的な症状としては、

 

□腰痛

 

□頭痛

 

□むくみ

 

□つわり

 

□逆子

 

□精神的不安

 

などが代表的ですね。

 

その他にも、

 

□肩こり

 

□偏頭痛

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

などと言った不定愁訴と呼ばれる症状もあります。

 

患者さんに聞いてみると、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・原因がハッキリ分からない痛み

・身体の不調・不安に感じる

・妊婦の整体をしてくれる治療院が少ない

・どこの治療院に行って良いのかよくわからない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

などの悩みがあるけれどもずっと我慢していた・・・

という女性が少なくないのが現状のようです。

 

 

また、

 

時期的に薬を飲めないので、それで余計に不安になっていた

と言う声も聞きます。

 

不定愁訴とは原因がよくわからない症状の事を言います。

ですが、

 

必ず「原因」はあります。

 

それが

女性ホルモンの影響であり、それによる筋肉の疲労

です。

 

妊娠初期からは、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

□つわり

 

□倦怠感

 

が起こってきます。

 

そして、

 

□段々と体重が増えてきます。

 

 

なかには、

 

□血糖値や血圧が高くなる

 

方もおられます。

 

非常にまれですが、カリウム値が上昇し過ぎて筋肉に全く力が入らなくなり、救急車で運ばれる方もいます。

 

□ お腹が大きくなってきたから足腰に負担がかかって

 痛くなる

□妊娠中はそー言う事は起こるのはあたり前だから

 我慢しなさい

 

などと言われて辛い痛みや、身体の不調を我慢している方は少なくありませんが、

 

それは間違いです!

 

 痛みは我慢しなくても改善させる事は

 

可能です。

 

女性は妊娠をすると

 

リラキシン(女性ホルモンの一種)

 

という卵巣ホルモンの一種が分泌されます。

 

リラキシンは子宮の弛緩因子と言われています。

出産時は約2500g〜3500gの赤ちゃんが狭い骨盤の中を通って出てきます。

ちなみに、赤ちゃんは必ず左回りで出てきます。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出産をスムーズにする為に

 

月経前と妊娠3ヶ月位から産後の2〜3日後

まで

骨盤周囲の関節を緩める為にリラキシンは分泌

されます。

 

『リラキシンの影響』

□仙腸関節

□恥骨結合

□股関節

□靱帯

  などを緩めます。 生理前の身体の怠さや腰痛を訴える女性も多いですが、やはり、この「リラキシン」が関係していると考えられます。  

妊娠3ヶ月目位から「リラキシン」が分泌されるため、骨盤や靱帯が緩み、腰痛などを訴える女性が多くなってきます。

 

骨盤や靱帯が緩んだ時に身体を支えるのが筋肉

  なんですが、現代女性の筋肉量は低下傾向にある方が多いため、 筋肉が身体のバランスを支えきれずに身体に負担が大きくなりすぎて 腰痛などの症状が発症しやすくなると考えられます。   現代の多くの女性は、便利な現代の生活になれている為、普段鍛えるという生活環境では無いために筋力が低下し、和式のトイレでの姿勢が耐えられない女性が増えているのです。  

関節がたとえ緩んでも筋肉が良い状態であれば耐えられるんです。

  また、  

産後に体系が崩れるというのも筋肉の問題である

と考えられます。  

緩んだ関節を筋肉で支えられなくなってくると、筋疲労を起こして筋肉が硬く緊張してきます。

 

そうすると

 

体液(血液、リンパ液などの水分)循環が悪くなってきます。

その結果、

様々な不調や痛みが引き起こす

言う事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

骨盤底筋群

 

(骨盤を下からハンモックのような形状で支える筋肉)

 

と呼ばれる筋肉が疲労してくると

 

尿道や膀胱を支える力を低下させる為、

 

疲労すると尿漏れなどの原因

 

になります。

  患者さんとしては恥ずかしい気持ちから相談し辛い症状かもしれませんが、 真剣に悩んでいる患者さんからは確認すると教えてくれる方もいます。  

□笑った瞬間に全部ちびった

□クシャミした瞬間に普通に漏れた

  などと言った現状の悩みを教えてくれる患者さんもいらっしゃいます。 悩みを教えて頂ければ、悩みの改善に対して施術やセルフケアなどご指導させて頂くことができますので、どんどん相談して下さいね。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上の理由により、

当院での妊産婦の施術方針は

 

1、筋肉の疲労を取り除く

 

2、体液の循環を改善する

 

 事を中心に行います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 出産後のお母さんは育児が始まります。  

赤ちゃんにおっぱいをあげる時間に

頻繁に起きたりしなければいけないので、

  お母さんはどうしても  

□睡眠不足

 

になってきますので、

 

身体はどんどん疲労が溜まってきます。

 

妊娠中〜出産前までの間に身体の疲労を

 

いかにして取り除いておくか

  が重要なポイントになってきます。 そして、施術だけでなく  

□立ち方

 

□歩き方

 

□セルフケア

 

□エクササイズ

 

を加え、  

□食事

 

□睡眠

  のアドバイスを行います。  

「リラキシン」は

 

骨盤周囲の関節にだけ働くのではなく、

股関節や骨盤、手首、首、など全身の関節や靱帯が

緩みやすい状態だと考えられます。

 

妊娠時=全身の関節や靱帯が緩みやすい状態

といえるので、

筋肉の力で支える必要

があるのです。   ここで、

□筋肉が硬いと関節を守れない

 

□関節を保護する機能を果たせない

と言う事になるのです。  

妊娠中は何もしていなくても身体の疲労が溜まっていますので、

痛みを感じていなくても注意が必要です。

 

妊婦さんに偏頭痛が多いのも、

リラキシンの影響で首にも影響が出ていると考えられます。

 

現代の妊婦さんはギリギリまで仕事を続けている方が多いですね。

パソコン作業などのデスクワークが中心だと

身体にかかる負担は少なそうなイメージがありますが、

 

頭が1cm前に位置するだけで、

首にかかる頭の重さが3倍にもなります

 

ので、当然、片頭痛や肩こり、首こりの原因になります。

 

これらの症状は簡単なエクササイズである程度防止する事も可能です。

 

筋肉疲労は切迫早産になる可能性も出てきます

 

リラキシンの影響で緩んだ骨盤や靱帯を筋肉が支えきれないので、

子宮と胎児が落ちてきてしまうんですね。

その影響で早産になりやすくなるんです。

 

現代社会の女性は筋肉量が低下しているとの話はしましたが、

生活環境や労働環境の変化が特に大きく影響していると考えられます。 明治時代位までは農作業で筋肉を鍛えられる環境であったり、 和式トイレの環境であったりと、 なにかと筋肉を鍛えられる環境にありました。 しかし、現代では生活が便利になり、歩く事も減りましたし、デスクワークが中心で一日中パソコン作業をしている人がとても増えています。 家事にしても電化製品の発達により、掃除も洗濯も炊事も力を使わなくても簡単にできるようになりました。 男性と比べて、もともと筋肉が少くなく、筋肉がつき辛い女性の身体は、 便利な時代になって、ますます筋肉がつき辛い環境にあります。   そして、若い頃からヒールの高い靴を履く女性が増えた事も問題の1つだと考えられます。ヒールを履くとカカトの位置が高くなります。 カカトの位置が高くなれば、体重は前の方にかかりやすくなりますので、バランスをとる為に後に身体を反るような姿勢をとりやすい傾向になります。 いわゆる、反り腰になりやすい傾向になるのです。 この反り腰が続くと骨盤が前に倒れてきます。骨盤が前傾するということですね。 立っているだけで腰が痛くなる人は、 反り腰が原因になっている事が多いと考えられます。   もう1つ問題になっているのが、 出産の高齢化です。   厚生労働省が2012年に発表したデータによると、 第一子を生んだ年が 昭和50年で25.7歳 平成23年で30.1歳 25.7歳よりも30.1歳の方が筋力は低下傾向にあると考えられますから、 これも1つの問題であると考えられます。   ちなみに、35歳を過ぎると出産はし辛くなると一般的には言われています。 これは35歳を過ぎると間細胞が少なくなる事が影響しているのではないかと考えられています。   出産には痛いイメージがあると思いますが、 出産時の痛みを予防する為には筋肉を鍛えておく事が大切です。 特に、骨盤周囲の筋肉を鍛えておく事が1番大切です。   また、妊婦さんに1番良くないのが不安になることです。 不安になるとストレスを感じます。 ストレスを感じると交感神経が優位になるので血管が収縮します。 血管が収縮すると血流量が低下すると、 胎児は胎盤を通してしか栄養を吸収出来ないので、 母親の血流が悪いと、胎児が栄養失調状態になりますので、 その状態が続くと、胎児の発育にも影響が出てきます。 それらの事を考えても、やはり、妊産婦の整体は  

1、疲労を取り除く事

 

2、体液循環の改善

  事が大切になると考えられます。   早産傾向の女性が増えている

と言う事が考えられます。

 

 

  出産後はどうかと言うと、 先ほど説明にもあった「リラキシン」ですが、 産後2〜3日で分泌が止まります。  

筋肉が疲労したまま出産をすると、

骨盤周りの関節の弛みがなかなか戻らないです。 そうなると、骨盤の中に収まっている 子宮や内臓などが下垂してくるんです。 そうなると、骨盤を底からハンモック状で支える骨盤底筋群が 更に緩んでしまい、骨盤が広がって来るんです。   そうなると、骨盤底筋群の弛みが起きる事で、先ほどの説明のように 尿漏れの問題が生じてくるし、切迫早産のリスクが高くなるのです。   また、そのような人達は股関節が内側に向いている人が多いので、 O脚にもなりやすくなります。   そのような理由から、 産後まもなくは骨盤に負担をかけるような事はしない事が大切です。 骨盤が前傾する事で、産後の下半身太りにもなりやすく、 ますます筋力低下にもつながるので注意が必要です。   股関節にしても、内股になる事で太ももの骨である大腿骨の大転子と言う部分の位置が外側に来るので、出産前に履いていたジーンズがお尻の横あたりで引っかかって上がらないと言う事にもなるのです。   出産までの10ヶ月で基礎代謝量は80%に下がります。 例えば、1日の基礎代謝を 1200kcal/日 と仮定すると、 ↓(80%に下がると) 960kcal/日 になるので、   1日あたり240kcal代謝が悪くなっている状態になるのです。   240kcalは、コンビニのおにぎり1.5個分に相当するので、 妊娠前と同じような生活をしてても、 1日あたり、おにぎり1.5個分余計に食べているのと同じ事になります。   ここで少し生理学の話をしますと、 9.3kcalのエネルギーを使うと1gの脂肪が燃えます。 4.1kcalのエネルギーを使うと1gのタンパク質が燃えます。   ようするに、9300kcalで脂肪が1kg燃えます。 実際には20%位は水分なので7400kcalとると体重が1kg増えます。   なので、同じ生活を送っていても、 1日240kcal×30日=7200kcal で 1ヶ月で1kg体重が増えていく事になります。              

 

 

PAGE TOP